頬や鼻の毛穴が開いていて、よく言われる「オレンジ肌」状態になっていました。肌へ水分や美容成分を補給してハリのある肌へ蘇えらせると、肌の内側から毛穴を締めることができるということで、化粧水と美容液を使い続けていましたが、いくら経っても毛穴は開いたままで目立っていました。(20代はお肌の曲がり角なんて言われるから、もう年なのかな。。なんて思ったりもしました)

美容に関するブログを見ていたら、化粧品は浸透力で選ぶ必要があるということが書かれていて、そこでビーグレンという化粧品が紹介されていました。アメリカの特許技術を使った化粧品だそうで、とにかく効果がスゴイと絶賛されていたので気になって使ってみることに。(安いトライアルセットがあったし、返金保証もあったので安心して試せるのが良かったです。)

届いた日の夜に使って、翌日にはそのブログ作者さんが言っていることがよーくわかりました。朝の洗顔時に、肌のしっとり感がこれまでと全然違うことがわかったからです。洗顔時の顔のゴシゴシが滑らかにできるというか、ヌルヌルの水で顔を洗っているかのような感覚というか、とにかく一晩で保湿力が格段にアップしているのがわかりました。

これなら内側から毛穴を閉じるような肌になれそう!

って思って使っていましたが、数日後にはいつの間には毛穴の開きが目立たなくなっているのに気づきました。すぐに毛穴が閉じるということはありませんが、徐々に目立たなくなっていくという感じです。


【まとめ】

毛穴の開きを治すためには、

①肌を蘇らせて内側から弾力のある状態に戻すこと
②毛穴の余分な汚れを洗い流すこと

この2点は欠かせません。日々の洗顔で効果的に毛穴の汚れを落とすこと、そして化粧水や美容液によって肌の状態を良くすることで、徐々に毛穴の開きが目立たなくなっていくはずです。結局は日々のケアとその際に使う化粧品の効果がその後の毛穴の開きの状況を左右するといっても良いくらい重要なものになってきます。本格的にケアを始める前に、化粧品の選定は慎重に行った方が良いと思います。

 

浸透力の高い化粧品とは?

まず、毛穴の開きを治すために必要なことですが

①毛穴に皮脂などの汚れが溜まり過ぎていないこと
②肌のハリがあって内側から毛穴を締められること

主にこの2点が大切

効果的な洗顔方法について

毛穴の開き対策には効果的な洗顔は欠かせません。毛穴の中をキレイにできないと、角栓が詰まって広げてしまうからです。そうしたことを防ぐためにも日々の洗顔で余分な角栓が溜まらないようにしておかなくてはいけません。

肌年齢がかなり若返るって本当かも!

毛穴の開きが収まって、キュッと締まったお肌になると、キメの細かい肌になると思います。肌の状態が変わるだけでも人の印象はとても変わって、かなり若く見えるようになります。人によってはマイナス10歳の肌になるとか、珍しい話でもないようです。

毛穴の開きだけが肌年齢を上げているわけではないので一概には言えませんが、開きが目立たなくなった時の変化は相当なものであることは間違いないと思います。